プラセンタサプリ効果ランキング!口コミ人気はどれ?

プラセンタサプリの効果ランキング!!口コミで人気なのは

プラセンタドリンクの選び方

 

プラセンタは非常に注目されている成分で、健康食品にも多く利用されてきています。一般的な話として、固形のサプリメントよりも液体のドリンクタイプの方が吸収率が高いために即効性があると言われています。ドリンクタイプのものは、プラセンタの含有量がサプリメントよりも多いことも多く、摂取する側としては嬉しいことが多いです。

 

しかしその分、サプリメントと比較したときには高価な場合が多く、経済的には負担となってしまうことがあります。ですから、基本的には普段遣いのサプリメントと、特別なときのドリンクというように併用していくのが良いでしょう。ドリンクを選ぶ際には価格も大事ですが、プラセンタの含有量にはこだわりたいところです。

 

せっかく吸収率が高いのに、少量しか含まれていないものを選ぶのは勿体ないです。各商品には含有量についての記載がありますが、数値の計算方法がメーカーによってバラつきがあるため、単純な比較ができない現状があります。

 

大きく分けて、プラセンタエキスの原液の重量で計算したものと、その原液を乾燥させて粉末にした重量で計算しているもの、そして原液の元になっている胎盤の重さで計算しているものなどがあります。ですから、単純な数字だけではなくて、その配合量や基準をしっかりと見た上で比較して選んでいくことが大切です。

 

また、製品によっては含まれる成分にアレルギーの原因となるものが配合されていることもありますから、特にそうした体質のある人はプラセンタだけではなく、その周りの成分にまで十分注意してから選ぶようにしましょう。

 

プラセンタの栄養成分と効能

 

今注目されている成分プラセンタは哺乳類の胎盤から有効成分をエキスとして抽出したもので、豊富な栄養成分が特徴です。プラセンタには、アミノ酸やタンパク質、脂質、糖質といった、身体をつくる上で必要不可欠な栄養素をはじめ、身体を活発にするビタミン・ミネラル・核酸・酵素といった成分、そして細胞の新陳代謝を促す栄養素が含まれています。

 

これらを含むプラセンタのサプリメントは原因がはっきりしない体調不良の改善や健康維持に有効で、そして現在はその効果が美容にも有効として幅広い世代の人々に利用されています。

 

プラセンタを配合したサプリメントでは、豚や馬からプラセンタを抽出して使っていて、ヒトの胎盤から抽出されるヒトプラセンタは基本的に医療機関のみで用いられています。

 

豚や馬のプラセンタを利用する場合、どんな豚や馬でも良いわけでは当然なく、念入りに殺菌処理を行うほか、最初から衛生的に育てられた豚や馬を使用することによって有効成分を増やしたり、殺菌処理などの工程を簡略化することができるようになっています。

 

これらから作られたサプリメントは、紫外線によるシミ、シワの生成を予防してくれたり、また肌の保水力を高めて、ハリや弾力をもたらすという美容効果が見られます。

 

また、肌の乾燥や肩こり・腰痛の改善、疲労回復などの健康効果も見られ、血行が促進されて全身の代謝が活発化するなどの健康効果も期待されています。そんな便利なプラセンタですが、アレルギーには注意が必要で、元々アレルギー体質の人は服用に関して注意が必要になります。

 

プラセンタ化粧品の選び方

 

プラセンタといえば、哺乳類の胎盤から抽出した胎盤エキスのことをいい、医療現場での治療用の医薬品や健康美容のためのサプリメント商品の原料として使われています。

 

このプラセンタには保湿効果に優れた天然保湿成分が含まれているので、肌の保湿力を高めてくれますし、肌の新陳代謝を整える働きがあるので、肌のバリア機能を正常に働かせ、肌を健康に保つ効果も期待できます。

 

その他にも、プラセンタには活性ペプチドなどが含まれていて、これによる抗炎症作用や免疫力向上作用で、ニキビの炎症や男性のヒゲ剃り後の肌のケアなどの肌トラブルにも有効に作用します。こうしたプラセンタが化粧品としても利用されていますが、選ぶポイントとしてはプラセンタの原料と抽出方法、そして濃度に着目すると良いでしょう。

 

原料としては、医療用であればヒトプラセンタが使われますが、化粧品の場合はウマやヒツジ、ブタが多いです。これらの胎盤からエキスを抽出しますので、安全性を担保するためにもしっかりとした殺菌処理の過程が広告されているものを選びましょう。

 

また抽出方法によっては濃度が高くても栄養成分の欠落がある場合がありますので、「酵素分解法」や「凍結酵素抽出法」などの、有効成分をできる限り損なわない方法で抽出された商品がオススメです。

 

最後に濃度ですが、これが厄介で、統一された基準が無いために、単純に数字だけで比較すると思ったほどの効果が出ない場合もあります。濃度については、成分表記やメーカーのホームページなどでしっかりチェックしてから選ぶようにしましょう。せっかく摂取するプラセンタですから、より良いものを摂取するべきなのです。